知っておきたい結婚祝いの知識

以前はなかなかしてもらえなかった贈り物の包装も、最近ではどこのお店でもほとんどが無料でしてくれるようになりました。
実際自分が使ってみて良いなと思ったものをプレゼントする人が増えたり、わりと素朴なものを贈る人が増えたりしたことからお店のプレゼント包装が増えてきました。
そんななかで、どこのお店でも必ず設けられているのが結婚に関するコーナーです。
今、結婚ブームということもあって、もらう回数は少なくても贈り物を贈る回数は増えてくると思います。
そこで、結婚祝いになにを贈るかが重要ですよね。
まず贈る側の多くが贈っていて、もらう側ももらって嬉しいものは現金です。
結婚式のご祝儀として贈るのが常ですが、最低限のマナーとしての決まりをご存知でしょうか。
本当は新札が好ましいのですが、新札でなくてもせめてアイロンをかけるくらいの手間はかけましょう。
アイロンもそのままかけると焦げてしまうので当て布をするのを忘れないようにすることが大切です。
中に包む結婚祝いの金額の相場は年齢や立場によって変わってきますが、だいたい2〜3万円が妥当な金額です。
二つに割れる数字は縁起が悪いということから、偶数の金額は包まない方が良いとされてきましたが、今では2万円という額は一般的によく包まれる額になってきました。
それでも4万円以上の額での偶数は包まない方が良いです。
さらに、披露宴に参加するかどうかでもまた金額が変わってきます。
披露宴に参加する場合、自分にかかると思われる食事代や引き出物代を予想して包むのが最低限だといわれています。
もともと結婚祝いのご祝儀は気持ちの表れなので、自分がどれだけ相手を祝いたいかを考えてから相応の値段を包むのが一番です。
現金となると少々シビアになってしまいがちですが、一生に何度もない結婚ですから、多少の失費は相手の幸せを願って考慮しましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2015お祝い事の鉄則を知ろう☆贈り物選びの注意点.All rights reserved.